So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

映画の色 映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』 [映画]

映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』

採点:66点

監督:中村義洋

キャスト:
竹内結子
阿部寛
堺雅人
羽田美智子

楽しめた。特に堺雅人の演技が良かった。
堺雅人がこの映画の色を染めた。そして羽田美智子が
その色を引き立てる役割をしている。
ともすればテレビのような映画になってしまいそうなストーリーだが
確実に映画の作り方をして成功している。

2009年21本目(6/4)

かろうじてバランスが取れた 映画『長崎ぶらぶら節』 [映画]

映画『長崎ぶらぶら節』

採点:65点

監督:深町幸男

キャスト:
吉永小百合
渡哲也
高島礼子
原田知世

吉永小百合の映画は、その存在感で映画のバランスを壊してしまうときがある。
「まぼろしの邪馬台国」などがその例になるだろう。
この映画は渡哲也がかろうじてバランスを取る役割を演じている。
この映画はそのストーリーというより画面でどんなことを
感じるかが重要だ。日本映画の良き伝統を受け継いでいる。

2009年20本目(5/31)

リズム感が悪い 映画『冷静と情熱のあいだ』 [映画]

映画『冷静と情熱のあいだ』

採点:40点

監督:中江 功

キャスト:
竹野内 豊
ケリー・チャン
ユースケ・サンタマリア
篠原 涼子
マイケル・ウォン
椎名 桔平

ヨーロッパの風景の暗さがテレビと映画の違いを出している。
それ以外は連続テレビドラマのような作りだ。
最近の日本映画はテレビ局制作で興行的には成功しているけど
映画の特徴が出ていない。その特徴は全編を流れるリズムだ。
あるモノは一定のリズムであり、別のモノはクライマックスに向けて
速くなっていく。
この映画はそのリズム感が悪い。

2009年19本目(5/6)

テレビの延長? 映画『容疑者Xの献身』 [映画]

映画『容疑者Xの献身』

採点:63点

監督:西谷弘
キャスト:
福山雅治
柴咲コウ
ダンカン
松雪泰子
堤真一

テレビドラマ「ガリレオ」を見ていないのでよく知らないが、
その映画版として作られているらしい。
ストーリーは良いけど福山雅治に頼っている映画。
ちがう俳優が演じたら人気が出ないかもしれないが
深みが出せる俳優がいるのではないか。
内容がおもしろかったので点数が甘くなっている。

2009年17本目(4/13)

ひとりで見る映画 映画『レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで/ Revolutionary Road』 [映画]

映画『レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで/ Revolutionary Road』

採点:37点

監督:サム・メンディス

キャスト:
レオナルド・ディカプリオ
ケイト・ウィンスレット

ひとりで見る映画。夫婦のすれ違いを描いている。
これを映画で見なくても、と思えてくる。
内容としてはアメリカでも日本でも同じようなストーリーの映画になる。
あえて主演の二人でこの映画を撮ったのはなぜだろう。
うーん。

2009年18本目(4/17)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

作ったことに賞賛 映画『おくりびと』 [映画]

映画『おくりびと』

採点:62点

監督:滝田洋二郎

キャスト:
本木雅弘
広末涼子
山崎努
峰岸徹
余貴美子
吉行和子
笹野高史

最近の日本映画としては
しっかり作り込まれている。
このテーマでこのキャストを集めて映画化できたのが
日本映画の懐が深いところがある事を認識できた。
内容は、賞を取らなければ
これほど注目されるようなものではなかった。
内容が悪いというのではなく、地味であること。
このような地味な映画が毎年出てきて
評価に値するものであるならば
日本映画の裾野が広がっていくだろう。

2009年16本目(4/13)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

魔性 秋吉久美子 映画『赤ちょうちん』 [映画]

映画『赤ちょうちん』

採点:79点

監督:藤田敏八
キャスト:
高岡健二
秋吉久美子
長門裕之
河原崎長一郎
悠木千帆 (樹木希林)

ずっーと、秋吉久美子はどうも好きになれなかった。
田舎っぽさとずうずうしさを感じていた。
しかし、これを見て感じが変わった。
この日活映画の中でぴったりはまっている。
ATGでも良かったかもしれない。
70年代の時代背景の中に同棲というイメージに
秋吉久美子の姿がとけ込む。
ストーリーの進行に従って変わっていくのをうまく演じている。
もっとどろどろのストーリーだったらどうだったか
知りたいところだ。
傑作が生まれていたかもしれない。

2009年15本目(4/5)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

伊藤英明は、何回死にかけている? 映画『252 生存者あり』 [映画]

映画『252 生存者あり』

採点:32点

監督:水田伸生
キャスト:
伊藤英明
内野聖陽
山田孝之
香椎由宇
木村祐一

海猿とこの映画で伊藤英明が主演している。
すっかりパニック状態の役がはまっている。
日本のブルース・ウィルスか?
さて、この手のものは日本人が好きな映画ですね。
危機的状況の中の愛情。
子供を出してハラハラさせるのは、
ギャグでシモネタを使うのと同じくらい
技がない証拠。
もう少し、ストーリーに工夫があれば、
良い映画になっていたのに。

2009年14本目(3/7)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

やっぱり!松たか子 映画『K-20 怪人二十面相・伝』 [映画]

映画『K-20 怪人二十面相・伝』

採点:77点

監督:佐藤嗣麻子
キャスト:
金城武
松たか子
仲村トオル

時代設定とその画面がすばらしい。
「三丁目の夕日」は大好きな映画で、アメリカ往復の
行きと帰りと見てしまった。
ストーリーは別だが、映画の雰囲気が同じモノです。
製作会社が同じだから?
この映画で一番いきいきしているのは、松たか子。
彼女が持っているモノが貴族の子女にぴったり。
他にキャスティングするならば、誰にするのだろう?
やっぱり、松たか子。
このような娯楽映画を作れる日本映画界は成長していると思う。

2009年13本目(3/5)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アメリカは懐が深い 映画『Flash of genius』 [映画]

映画『Flash of genius』

採点:55点

監督:マーク・アブラハム

キャスト:
グレッグ・キニア
ローレン・グラハム
ジェイク・アベル
ビル・スミトロヴィッチ

飛行機の中で、なにかおもしろそうなのはないかな、
と選んだ1本。
簡単に言ってしまうと、間欠ワイパーの発明者が
フォードに訴訟をする話。
こんなまじめな映画を作ってしまうアメリカの娯楽産業に
懐の深さを感じました。

2009年12本目(2/27)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。